ホーム > 救急法等の講習 > 水上安全法

水上安全法

水と親しみ、水の事故から人命を守るために、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

講習内容

救助員養成講習I

受講資格 赤十字救急法基礎講習修了者で、一定の泳力※を有する者
講習時間 14時間
講習内容 赤十字水上安全法について、水の事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の救助及び応急手当
指導者 水上安全法指導員
交付される証 検定合格者に赤十字水上安全法救助員I認定証
携行品 水着、水泳帽子、ゴーグル、筆記用具
 費用負担 700円(教材費、保険料などの実費) 

※一定の泳力:
クロール泳ぎ及び平泳ぎで各100m以上
クロール又は平泳ぎで500m以上
横泳ぎで25m以上
立ち泳ぎで3分以上
潜行で15m以上

救助員養成講習Ⅱ

受講資格 赤十字水上安全法救助員Iの資格を有する者
講習時間 12時間
講習内容 海、河川及び湖沼での事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の救助及び応急手当
指導者 水上安全法指導員
交付される証 検定合格者に赤十字水上安全法救助員Ⅱ認定証
 携行品  水着、ゴーグル、3点セット(マスク、フィン、シュノーケル)、ビーチサンダル、筆記用具
費用負担 300円(保険料)

救助員資格継続研修

資格継続研修についてはこちら

講習会の開催予定日

 救助員養成講習Ⅰ 9:00~17:00(3日間)

平成29年 5/15(月)~17(水) 長崎市民総合プール


 救助員養成講習Ⅱ 9:00~17:00(2日間)

平成29年 7/8(土)~9(日) ※決定次第ホームページに掲載

ボランティア活動に参加する

セミナー・講習会に参加する

赤十字活動資金に協力する