ホーム > 過去一覧 > 詳細

「私たちは、忘れない。」~未来につなげるプロジェクト~

 甚大な被害を及ぼした東日本大震災。日本赤十字社は、発災直後の医療救護活動を皮切りに、現在まで継続して復興支援に取り組んできました。今月11日には発災から6年目を迎えようとしていますが、被災者からは、「震災のことを忘れないでほしい。」との声が上がっています。その声にこたえて震災の風化を防ぐとともに、近年、多発している災害への防災意識の醸成を図ることを目的に、全社を挙げてプロジェクトを実施します。県内でも各種イベント行います。

 ①パネル展示
  県内の日赤各施設において、東日本大震災、平成28年熊本地震災害時の救護活動及び被災地復興の写真、被災者メッセージパネル等を展示しています。
  期間:平成29年3月1日(水)~31日(金)
  場所:日本赤十字社長崎県支部 1階玄関ロビー
     日本赤十字社長崎原爆病院 1階
     日本赤十字社長崎原爆諌早病院 2階医事待合ホール
     献血ルーム浜の町 献血者待合室
     献血ルーム西海 献血者待合室

 ②東日本・熊本震災復興支援イベント「第5回リメンバー3.11」
  がまだせ東北・熊本支援実行委員会主催のイベントに参加し、被災地支援を呼びかけるとともに、赤十字活動の普及啓発を図ります。
  日時:平成29年3月5日(日) 10:00~15:00
  場所:多目的防災広場(南島原市須川港)

 ③眼鏡橋ライトアップ
  長崎市魚の町にある眼鏡橋を赤くライトアップして、被災地支援を呼びかけるとともに、赤十字活動の普及啓発を図ります。
  期日:平成29年3月10日(金)~12日(日)※各日の日没後から22:00まで
  場所:眼鏡橋(長崎市魚の町)

    

ボランティア活動に参加する

セミナー・講習会に参加する

赤十字活動資金に協力する